皆さんはどれくらい他人に依存した生活を送っていますか?

残念ながら頑張って築き上げた人間関係であってもほとんどの場合いつかは疎遠になりその相手に投資した時間は無駄になってしまうと思うのです。

この記事では他人を意識しすぎて生きている方向けに「このような考え方もあるよ!」という話を淡々と話て行きたいと思います。

他人に依存し、期待しすぎる人は人間関係に疲れるよ

・ずっと同じ友達とつるんでいてもそれは自分の成長にはつながらない

これは特に中学生や高校生に多い話であるのですが、ずっと同じ友達と時間を共有している…なんてことはありませんか?

カラオケに行ったり、ボウリングに行ったり、一緒にキャッチボールやらテニスをしたりなど、友達と一緒にいると楽しい事はたくさんあるでしょう。

そこからくる感情はきっと「ずっと一緒に遊ぼう!」「大人になったら一緒に飲みに行こう」とかですよね。

実は私も中学校、高校それぞれと、とても仲の良い友達がいたのです。

しかし、残念ながら現在大人となった私は子供時代に一緒に過ごした友達とは一切関わりは持っていません。

持っていないというか、疎遠にならざる終えなかったというのが正解ですかね…

私の場合、中学生の時に中学校から帰った後友達の家の近くの公園でサッカーをして一通り満足した後家に帰ってゲームを一緒にして…と行った行動をとっていたのですよね。

しかし、中学3年生となったある日の事、その友達の進学先が住んでいた県とは違うかなり遠い地方の高校という事だったので、やがて遊ぶ回数は少なくなりその子が引っ越しするともうそれ以降は全く連絡を取らなくなりました。

高校でできた友達は共通の趣味を持っており、また互いに歌好きという事もあり高校帰りはほとんどカラオケに行って遊んでいました。

お互い部活に入っていないこともあってか一日の半分は一緒に過ごすほどの中でしたね。

しかし、残念ながらその子は声優になりたいという夢があったのでより環境の整っている東京へと引っ越し。

疎遠となったのです。

このようにいくら仲のいい友達であろうとやがて必ず疎遠になります。

よって友達であろうと期待しようと思っていてはほとんど高確率で裏切られます。

それがたとえ悪気がなくても。

仮に数か月程度の関係であった場合は大きなダメージはないかもしれません。

しかし、数年単位の付き合いがあればどうでしょうか。

今回の例の場合3年間の友達関係がありました。

そんな長期間の間友達として期待しすぎていたダメージはかなりのものでしたね。(^^;)

恋人同士でも同じことがいえる!

上記で話した内容は恋人関係でも当てはまります。

付き合ってください!」から始まる恋は所詮口約束にすぎません。

結婚し、夫婦となった場合はれっきとした婚姻届という証明がありたとえ関係を切りたくなったとしても世間がそれを許してはくれないでしょう。

しかし、口約束に過ぎない恋人関係は別れることになっても誰も口は出さないでしょう。

ですからその関係はちょっとしたいざこざにより簡単に壊され期待を裏切られてしまいます。

女性の場合、「この人と絶対結婚する」と意気込んでアルバイトや会社を辞めてしまうかもしれません。

しかし、それはかなり危ない決断と言えます。

だって彼氏さんともし別れてしまったらどうですか?

いや、そんなことはありえない!!

という女性が多いかもしれませんが、他人なんて書く仕事なんて山ほどあります。

もしかすると別の女性の方とちゃっかり過ごしているなんてこともあるのです。

結婚という形に残る証明をするまでは自身で生きていく術を残しておくべきかと思います。

ちなみに、友達との関係や夫婦関係などあらゆる人間関係について詳しく紹介されているサイトがありましたので気になる方はこちらの記事も参考にされてはどうでしょうか↓

人間関係のあらゆる悩みを解決!いじめ等の友達とのいざこざ!夫婦間のお悩みも!

他人に期待しない考え方を紹介!

長々と無駄な話をしてしまって申し訳ありません。

ではここからは実際に他人に期待しない考え方を紹介していきますが、それはズバリ固定概念を捨てることです。

それについて詳しく話していきたいと思います。

・固定概念を捨てることを意識する。

自分が当たり前と思っていたことが他人も必ず当たり前の事であるとは限りません。

例えば、食後は必ず歯を磨くという考えがるとします。

自分にとってこれは常識という考えを持っているという場合であっても他人にとっては必ずしも常識とは言えない場合もあるのです。

また、毎日お風呂に入るといったことも人によっては1週間に一回しか入らないという考え方をする人もいるでしょう。

ですから自分の思っていることが常識という固定概念は捨てることを意識すべきです。

そうすることにより過度に他人に期待することは少なくなるはずです。

だって生まれた場所や生活環境は違うわけですから自分の常識と他人の常識なんて全然違いますよね。

なのでできることも人により全然違うというわけです。

考えてみると外国人の常識と日本人の常識は違いますからね。

・自分一人で生きる力を身に付ける

なぜ人は他人に期待してしまうのか。

それは自分一人で生きる力が身についていないからです。

では自分一人で生きていくためには何が必要か…

それはズバリお金でしょう。

ほとんどの方は会社で働いて収入を得ているかと思います。

いい高校に進学して一生懸命大学受験の勉強をしていい大学に入り卒業していい企業に入って他人よりもいい収入を得る。

しかしながら、今のこのご時世、最初に入った企業で定年まで働ける保証はありません。

終身雇用の企業はほとんどいないといっても過言ではないでしょう。

そこで、もし自分の働いている会社が倒産してしまったらあなたはどうなりますか?

収入源はなくなり生活なんてとてもできない状況になってしまいますよね。

ですから会社で働いているあなたは他人(企業)に自身の人生を預けていることになります。

それが意味することとはズバリ、知らず知らずの内に、他人に期待している考えをしてしまっているというわけです。

あの大企業である「トヨタ」で際も終身雇用ははっきり言って保証できないといっております。

なので、これからはそのような考えをきっぱりを捨て自分一人で稼ぐ力を身に着ける必要があります。

そこで、皆さんには就職という固定概念に頼らず自分で企業してみてはいかがでしょうか。

いや、企業とまで大きく出る必要はありません。

最近ではインターネット上でのビジネスが展開されていますよね。

それを専業として生業としている方もいらっしゃいます。

副業で生業としている方もいらっしゃいますね。

このビジネスは一人でもできるビジネスです。

企業で働いている方は専業の傍ら副業として取り入れてみてはいかがでしょうか。

これならば、他人に依存せず、自身一人で生きていける術を持つことができるでしょう。

これは今でにほとんどなかった概念であり就職して安定した生活をするといったような世間一般の周りの人の考え方とは全然違う生き方であるため参入に戸惑う、なかなか前に踏み出せないという方がほとんどでしょう。

しかし、そこで前に踏み出せた人こそ他人に期待しないようになることができるのです。

今までの固定概念はすべて取っ払うべきなのです。

まとめ

以上、他人に期待しない考え方を紹介させていただきました。

上記にもあげた通り今までの固定概念を捨てることさえできれば他人に期待せずに生活ができると思います。

固定概念なんて上げたらきりがありませんよね。

・人は結婚して子供を産まなければならない。

・痩せている人の方がかわいいしかっこいい。

・友達がいないと恥ずかしい。

こういったことも固定概念の一種です。

皆さんも一度自分の常識をすべて捨て去って新しい考え方をしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

名前 ブルハシナ

かつて、私は友達との付き合いを大切に、何よりも最優先にしていました。しかしどんなに仲良くしていてもある日突然疎遠となり自分の中で優先すべきことが何なのか少し分かるようになりました。